関連情報 雑誌

再婚.JPホームへ
初めての方へ システム紹介 料金 お試し検索 新規登録 FAQ
幸せ報告 芸能人の再婚 関連情報 リンク集 ログイン トップページ
関連情報 雑誌

各メディアに紹介される情報の中から、バツイチの
シングルパパやシングルママ、母子家庭そして未来の再婚を目指される皆様にとって
ためになると思われる情報を随時ご紹介しております

月刊 「清流」
 

清流第1特集
妻へ─夫の想い

歳の差を愛情で埋めて再婚へ 山本文郎
残りの人生は思い出の余韻のなかで 徳夫孝夫
引き離された子どもに会いたい 宗像 充
残された夫が笑いを取り戻すまで 山田冨士雄
          俳句を通して、妻の死に決着 後藤比奈夫
          今生きていることを噛みしめて 高津住男&真屋順子




雑誌 「百楽」
 

百楽バツイチのテーマ特集
「なぜ? 50代、60代の離婚と再婚」
熟年離婚の件数はここ14年で2倍以上に。
離婚で人生は変えられるのか? 夫婦はどうあるべきかを、今考える




女性誌 「婦人公論」 再婚した市川左團次さん 他の特集
 

昨年、ご子息とあまり年が変わらない女性と再婚し、話題となった市川左團次さんの再婚インタビュー特集です。 特集名は、幸せな再婚生活を感じさせられる、
『26歳の年の差を軽々と超えて 再婚1年、朝は僕が淹れるコーヒーから始まる』
です。

元ザ・タイガースのメンバー、岸部四郎(岸部シロー)さんが、今年の4月に死別された14歳年下の奥様に対する思いを語られています。岸部さんと奥様は再婚でした。特集名は、
『幸せにできなかった亡き妻へ ひとり残された僕は、これからどうしたらいいのか』




女性誌 「婦人公論」 再婚した大平光代さんの特集
 

波乱万丈の人生で有名となり、「だから、あなたも生きぬいて」等の著書もある弁護士の大平光代さんの、40歳での再婚と出産についてを「ダウン症の娘に夫婦で語りかける毎日」と題して特集されています。
講談社文庫 だから、あなたも生きぬいて 光文社 あなたはひとりじゃない―悩める母たちへ子供たちへ
↑大平さんの著書↑



雑誌 「STORY」
 

百楽私たちのCHALLENGE STORY
新しい家族の絆の育み方です
「子連れで再婚」、だからあったかい!




雑誌 「百楽」
 

百楽テーマ特集・データに見る日本人の生活
「熟年夫婦の離婚原因」
50代、60代になってなぜ別れるのか?バツイチを選ぶのか?
夫と妻、いまの相手への満足度、不満度
「夫婦の危機」を知るチェックリスト付き

日本はいま、かつてない超高齢化社会。「おまえ百までわしゃ九十九まで……」という歌も、がぜん現実味をおびてきた。しかし定年後の長い長い歳月を、はたして夫婦は持ちこたえられるのだろうか?少子化と高齢化で日本人の家族の形が大きく変化している。全国的に高齢者だけの世帯が増えて、都市部では一人暮らしの高齢者が急増しているという。そこで、現代日本人の結婚・離婚・バツイチ・再婚事情。




女性誌 「婦人公論」 再婚した渡邊あゆみさんの特集
 

当サイト内「再婚した有名人達」の中でも紹介している、
NHKアナウンサー渡邊あゆみ(旧姓:黒田)さんの、再婚に至るまでのいきさつや、再婚を決意したときのこと、そして再婚生活についてが特集されています。

 前のご主人も先に再婚を果たし、ずっと再婚したいと思っていたがなかなかいい人と巡りあわず、あきらめかけていたところに出現したという運命のお相手。出会った当初はときめくこともなく、まさか再婚するとは夢にも思っていなかったとか。

でも今は20歳の気持ちに戻って、ご主人に恋をしているというあゆみさん。
ちゃんと話しあうことができる大人ならではの出会い、そして第二の夫婦生活の良さを痛感しているそうです。

 再婚となると、どうしても条件にとらわれがちですが、やはり恋心を持てて、愛しいと思える相手かどうも、”幸せな再婚”には重要な要素だと言えるのかもしれません。
恋が成就して再婚となれば、それはすなわち『人生最後の恋。』
皆さんも、ぜひ素敵な恋をして、素敵な再婚をしてくださいね(^_-)-☆



女性月刊誌 「VERY」に”再婚者の言葉”の特集
 

特集のテーマは、「もう一回結婚して幸せになりました」

2度目の結婚を選択した方達の、再婚生活の様子や、楽しく仲良く過ごすための心がけなど、再婚体験者のヒントがたくさん特集されています。

前回の結婚生活が破綻した理由、離婚後の気持ち、そして今回の再婚を選択した理由、などなど、思わず頷いてしまったり、涙してしまったり、勇気をもらったり・・・。

再婚を希望されている皆さんの、きっと参考になる特集だと思います。



週刊 「ヨミウリウイークリー」に”父子家庭急増”の特集
 

母子家庭の陰に隠れがちな父子家庭ですが、実は現在17万世帯超と、過去最大の急増ぶりとなってきています。

公的支援では一部の自治体を除いて(※注)「児童扶養手当」の対象外、仕事でも、部署替えや転職を余儀なくされるなど、厳しい状況の中、 「父親としての人生」を自ら選択し頑張っているシングルパパ(シングルファザー)達の実情がレポートされています。

(※注)ごく一部の自治体では、父子家庭へも、児童扶養手当や児童育成手当などを支給しているようです。
(栃木県鹿沼市/千葉県野田市/滋賀県大津市/福井県武生市など)
ヨミウリウイークリー掲載
この記事は読売新聞社の許諾を得て紹介しています



 
雑誌情報
テレビ情報
その他情報


お問い合わせ / モバイル版 / スマホ版 / サイトマップ / 利用規約 / 会社概要 / プライバシーポリシー / 特定商取引法に基づく表示

ページトップへ戻る